看護師にも語学力が必要?

看護師にも語学力が必要なの?

看護師をしていると、思わず直面することがあります。
それは、患者さんが外国人の場合があるということです。

 

地域によっては全く来ないところと、
多く来るところとがあるとは思うのですが、
看護師にも語学力が必要とは、誰しも思っていないのではないでしょうか。

 

医療は場所を選びません。人がいるところに医療はあるのです。
患者さんが、外国人であってもそれに対応していかないといけません。

 

近年グローバル化社会になっているので、
日本にも外国人がたくさんいますよね。
その流れとともに、語学も必要になってきているのです。

 

実際に看護師として働いている人が、
仕事終わりに英会話に通うのも難しいと思います。
ただ、少しの単語を知っているだけでも、
患者さんは安心するのではないでしょうか。

 

もし、積極的に看護師の国際交流に参加したいのであれば、
NGOやボランティア、青年海外協力隊等、に参加することも考えられます。

 

それらに積極的に参加することによって、
どのように対応すれば良いのか、異文化で看護をするには
どうすれば良いのかを勉強することが可能になります。

 

日本に来ている外国人は、日本語が十分に話せる人とそうでない人がいます。
話すことができる人であれば、そこまで問題はありませんが、
話せない人に限っては、看護師がきちんと対応してあげることで、
例え言葉が通じなくても、十分に安心してくれることもあるでしょう。