看護師の役割とは

看護師の役割

あなたが病院に行くと、なんでも頼れるのは看護師だと思います。

 

誰しも、健康なのに病院には行きません。
何か理由があって病院に行っていると思います。

 

そんなとき、優しく声をかけてくれる看護師がいると、
とても安心するのではないでしょうか。

 

ここでは、そんな「看護師の役割」について考えてみましょう。
まず、看護師は、患者さんと接することが多いです。

 

看護師に求められるのは、まさにコミュニケーション力なのです。
看護師には、知識や経験も大事といわれています。

 

これは、医療現場で働いている人であれば、
当たり前なのですが、それ以上に患者さんときちんとした態度で、
コミュニケーションを取っていないと、患者さんは不安に思うに違いありません。

 

それには、経験が重視されることもあるのですが、
それ以上に観察力も大事といえるでしょう。

 

看護師としての態度というよりも、人として正しい態度で
患者さんに接することができるのか、これこそが、
本当の看護師の役割なのではないでしょうか。

 

患者さんは医師の言っている専門用語が難しく、
理解していないこともあると思います。

 

そんなときに、噛み砕いで分かりやすく説明してあげるのも、
重要な役割なのです。

 

看護師になるのは難しいと思っている人もいるかもしれませんが、
それ以上に人の気持ちが分かったり、思いやりの分かる看護師を
目指すことも大事なのではないかと思います。

 

難しい職業だからこそ、色々と考えることも大事なのです。